インタビュー

仕事の厳しさと働きやすさ、そして成長できる環境がここに。

TOPBLOG仕事の厳しさと働きやすさ、そして成長できる環境がここに。

今回は総務と秘書のチームをまとめている経営支援室 室長Iさんにインタビューいたしました。

01. インタビュー

まずは現在の主な業務について教えてください!

 

主に3つですね。秘書チームのリーダーとしてのマネジメントと実務、総務の室長としてのマネジメント業務、あと子会社gloopsの総務も見させてもらっています。

 

幅広くみていらっしゃいますよね。

現在のお仕事のやりがいはどのようなところだと感じていますか?

 

社員と一緒に歩いているなっていう感覚が強くあるところですね。小さいものから大きいものまで、要望が社員からストレートにきます。100%解決はできませんが、実現できた時はありがとうと言われるし、できない時もそこまでやってくれたんだと感謝される時があります。そういうのがやっていて楽しいですし、やりがいを直接感じられるところだと思います。

 

なるほど。社員と一緒にといえば、年末の大忘年会なども総務が一年がかりで企画して実行していますが、そういった場面でもネクソンは社員がボランティアで協力されていますよね。

 

はい、もともと昔はイベント委員会作っていたんです。その名残りがまだあって、皆で協力していこうという雰囲気があります。アンケートとかで自分もやりたいと書いてきてくれる社員の方もいます。会社が大きくなっていく中で業務の多忙などで難しくなっているのはありますが、制作部の方には毎年お願いしていますし、やりたいと言っていただけた方にお願いをする時もあります。

 

そういった協力もあって、楽しいイベントができあがっているんですね!

ところで、在籍10年以上、上場前からネクソンを見てきているIさんから見る、ネクソンのいいところってどんなところでしょうか?

 

まずはかしこまった上下関係がないので、話しやすく横の連携がとりやすい環境だと思います。あとは仕事の厳しさと働きやすさのバランスが取れるところじゃないでしょうか。メリハリが個人的には取れていると思います。

 

確かに、ネクソンはワークライフバランスがいいという話はよく聞きますよね。

仕事の厳しさというと、Iさんはネクソンに入った時から総務をされていたんですか?

 

いや、実ははじめは労務で入社しました。まずは社会保険の手続きや勤怠管理から。その後、上場するタイミングで秘書をしっかりたてないといけないということで秘書チームにいき、そこから総務の方が退職されるということで総務も兼任してくれということで総務になりました。総務だけでいうと経験的にまだ4年とか5年くらいですかね。

 

上場前のまだ100名規模の時だからこそですが、すごい遍歴ですね!そして労務で入社したというのは初めて聞きました。会社の状況に合わせて、新しいスキルを身につけて成長されてきたんですね!

最後に、これからNEXONに入ってこられる方へメッセージをお願いします!

 

自分に何ができるか、状況を前向きに捉えて努力していけばネクソンには成長できるチャンスがあると思います。前向きに挑戦できるという方はぜひ!

 

===================================================================================

@ライターH

忘年会では太鼓を叩いたりなど身体をはりつつ、仕事の面でも新しいスキルを身につけて会社を支えてくれているIさん。これからも楽しいイベントを期待しています!

さぁ、新たな君のStoryへ さぁ、新たな君のStoryへ MORE