インタビュー

デザインに集中し、追求していける魅力

TOPBLOGデザインに集中し、追求していける魅力

今回はWebデザインチームリーダーのAさんにお話を伺いました!

01. インタビュー

現在の主な業務について教えてください

 

新規・既存タイトルのイベントページ、バナー、LP、公式サイト制作など、Webサイトのデザインを担当しています。各タイトルはメンバーにメインで担当してもらい、私はチームやメンバーの制作物のクオリティチェックやディレクションなどを行っています。

 

ネクソンではデザインとコーディングの分業制を取っている珍しい環境ですがやりがいや魅力はどういったところでしょうか。

 

分業することでデザインに集中できるというのは魅力的な部分だと思います。最近はアニメーションが含まれたり、レスポンシブに対応したり、時にはwebゲームなどの制作があったりと、数年前と比較してもリッチなwebサイトが増えてきました。ゲーム系のwebサイトでは特にですが、デザイン面でかなり手の込んだテクニックが必要で、コーディング面でも高度な技術が求められるので、専門性が非常に高くなってきていると思います。分業することで、難易度の高いものや規模の大きいものであっても、高品質かつ短期間で作れるのは良い部分ですね。

 

また、デザインに集中できるので、例えば新規タイトルを日本でサービス開始する際に、どういったデザインを提供したらヒットさせられるかなど、時間をかけて深いところまで追求できるのが、やりがいもあって魅力的な部分だと思います。

 

デザインを専門とする強みですね!

ちなみにネクソンへ入社を決められた理由は?

 

ネクソン入社前はDTPのデザインに携わっていたのですが、将来的なキャリアを考えた時にWeb側に行きたいと考えていました。元々好きであった「韓国」と「ゲーム」、そして「Webサイトのデザイン」という好きなもの、やりたいことが全部揃っている環境がネクソンでした。

 

入社時と今で変化はありますか?

 

入社時はまだ日本では100人くらいの規模でPCタイトル中心に売り上げが増えている時期でした。当時はSNSやソシャゲなどが流行り始めたころで、日本だけでも開発可能なものが多かったので、私もそういったプロジェクトに参加して、苦しくも楽しみながら日々を過ごしていました。今は世の中も変化し、私自身も関わり方が変わったので、新しいタイトルやイベントを成功させる為に、日々緊張感をもって制作に取り組んでいます。

 

新しいタイトルが来た際、Webデザインチームはどう関わっていくのですか?

 

新規でwebサイトを作る場合、web企画チームを中心にプロジェクトが進みます。

目標やターゲットなどを整理しつつ、関係者と相談しながら方向性などを検討して行くのですが、webデザインチームでもゲームの世界観表現やキャラクターの見せ方など、

デザイン分野から様々な提案をしています。海外で開発しているゲームを、日本人好みになるようなデザインに落とし込んでいくのは作っていて面白いところです。

 

ビジュアルの印象は大きいですからね!

ネクソンの良いところはどんなところだと思いますか?

 

人と環境ですね。面白くてクオリティの高いゲームを次から次に開発していき、日本向けにも様々なイベントやサービスを展開できるのは、本当にすごい事だと思います。スキルや専門性の高い人が沢山いるので、常に刺激を受けながら成長できています。また、基本的に成功させる為の共通イメージやノウハウを持っているので、そこに向かって協力していけるのが良いと思います。

環境も整っていて、周囲の人も良い人が多いので、仕事もプライベートも両立させることができます。

 

これからネクソンに入ってくる方へメッセージをお願いします。

 

一緒にスマブラやりましょう!(笑)

===================================================================================

 

@ライターI

デザインを日本人好みに落とし込んでいくというのは、ゲームをカルチャライズして配信しているNEXONの特徴でもあると思いました。デザインに対する真剣さや熱量が伝わってきて、お話を伺っていてとてもワクワクしました!

さぁ、新たな君のStoryへ さぁ、新たな君のStoryへ MORE