事業部紹介のメイン画像

NEXON’S TEAM 事業部紹介

TOPNEXON’S TEAM

CORRELATION DIAGRAM 相関図

ネクソンの事業部相関図

ネクソンはオンラインゲームの開発及び配信、運営を行うグローバルエンターテインメント企業です。その中でも日本では、親会社としての本社機能と日本国内にオンラインゲームを配信・運営するパブリッシャー機能を有しています。
海外で開発されたゲームを国内で配信するために日本ユーザーの志向に合わせてカルチャライズし、リリース後にはイベントやアップデート内容を企画するなどの運営業務を行っています。ここでは、オンラインゲームのパブリッシャーとして運営チームを中心に各部署の役割や関係性についてご紹介します。

NEXON’S TEAM 運用部の紹介

  • LIVE事業室

    当社の中でもサービス年数の⻑いタイトルを主に担当しています。
    日本のお客様に向けてアップデート日程や内容を決め、様々なイベントを準備する業務や媒体を通じてアップデート内容をお伝えする業務も行っています。
    非常に多くの部署とコミュニケーションしながら、業務を進行するので、広い業界知識や業務経験を得られます。

  • VICTORY事業室

    「V4」「カウンターサイド」などのモバイルタイトル管理をしています。
    新しいIPでユーザー確保する為の訴求方や、トラフィックを維持させるための課題整理など、幅広い経験値は得られます。
    忙しい時もお互いが主体的にフォローを行ったり、業務に対する連携性や責任感が強いメンバーが多いです。

  • Multi事業室

    様々なバックグラウンドを持つメンバーが集まる活気あふれる部署です。
    より良いものをユーザー様に届けたいという想いのもと、お互いフラットに意見を出し合いながら業務を行っています。各メンバーの裁量が大きいため自由にチャレンジできる環境です。

  • MD事業室

    メイプルストーリーとスマホで遊べるメイプルストーリーMを管理しています。
    これからもずっと楽しんでいただけるようプレイヤーの皆さんの声を取り入れながら、我々が楽しまないと良いものは提供できないという考えのもと、企画立案及び展開しています。

NEXON’S
DIVISION 各事業部紹介

  • クリエイティブ室

    より事業に近いところでアイデアやスキルを発揮できるのがインハウスクリエイターの醍醐味です。

    個性豊かなメンバーが日々創造性溢れる制作物をアウトプットしており、プロフェッショナルとして品質や効率の維持向上を実現することが組織のミッションです。

  • マーケティング室

    ネクソンで展開されるゲームの宣伝・広告・PRを担当しています。

    ユーザーと一緒に盛り上がる企画、新規ユーザーを狙いに行く企画、新しい広告展開など、弊社のゲームを知ってもらう&楽しく感じてもらう事全てに関わることができるので、今のスキルを伸ばすことにも、新しい領域へのチャレンジも活かせる職場です。

  • 事業支援室

    ローカライズ、QA、お客様サポートなどゲームの運用を支える縁の下の力持ちです。

    専門スキルを活かして社内外の様々な人と関わることで幅広くスキルアップできる環境があります。お互いの能力を認め、協力し合うことで雰囲気良く家庭と仕事の両立ができています。

  • 事業推進室

    ビジネス課題を解決するための専門家集団であり、企業コラボレーション、プラットフォームネゴシエーター、技術PM、データアナリストなど様々な領域で幅広く活動しています。

    また、ネクソンの海外法人と社内事業をつなぐ架け橋としての役割も担っており、グローバル色が強い組織です。

  • サービステクノロジー室

    ゲームのパブリッシングに必要な技術サポート、公式サイトの開発、社内のシステム環境、内部用ツールの開発など幅広く担当しています。

    開発から保守運用まで多岐にわたる技術の百貨店のような部署です。室内異動も不可能ではないので、いろんな技術に興味のある方にとっては最高の環境です。

  • 経営戦略・事業開発室

    グローバルCEO直属組織として、新しい事業機会やニーズに焦点を当て、戦略、投資・M&A、事業開発などの中心として、ネクソングループに貢献することをミッションとする国際的な部署です。

  • 管理本部

    広報・IR、経理財務・会計、人事総務が紐づく部署です。

    すべてのステークホルダーに対して真摯に向き合い、ネクソンの安定経営を支えています。

    各分野のプロフェッショナルが集まり、様々な観点から会社と社員が成長できる基盤作りに尽力しています。

さぁ、新たな君のStoryへ さぁ、新たな君のStoryへ MORE